« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

今月は

7月もあと一日で終わり。

雨で幾分暑さもやわらいだので、つかの間からだの休息日。

10日 柳原陽一郎さんのライブ

1月からのマンスリーライブで人気のあった上位20曲ライブ。何が飛び出すかわからないからワクワクして聞いた。大好きな曲「夏がきたんです」がメドレーに入ってしまってちょっと残念だけど、沢山の曲のなかでなかなか健闘してくれてて嬉しかった。9月のライブがとっても楽しみ♪

16日 外苑前DAZZLEへ、そで山かほ子さん参加のグループ展

パリ大好き感がザップンザップンきて、楽しい展示。そで山さん一番光ってたよ、ゼッタイ。

27日 青梅市 昭和レトロ商品博物館

Img_0085_2  6月のブログでお伝えした、清水りょうこさんの本「なつジュー」発売を記念して、青梅の「昭和レトロ商品博物館」にて、昔なつかしい昭和の缶たちがこの度展示されているので見にいった。街道沿いのわたし好みの街もしばし散策。先週のプレイボーイに清水さんの特集記事が組まれていて、しっかり買いましたよ~。

28日 OPAギャラリーへ、川口育さん参加のグループ展

「1から5まで」線画展 ツボを押さえた線画たち。川口さん、今回はストーリー仕立てになってていい感じ。5コマだっけ、漫画も面白くていい刺激になったよ。

フーテンの寅さん

先日、ひとり柴又に行ってきた。

寅さん映画を見てからずっと行きたくて、いつにしようかもったいぶっていたが、とうとうその地に降り立った。

駅を出ると有名な寅さん像。まだ午前中の早い時間で、帝釈天参道のお店はほとんど開いてない。

その帝釈天で真っ先にお参りをしておみくじなどを引く。御前様…なんて思ってみる。

寅さん記念館に行き、寅さんファンらしき年代の方々に紛れてとらやの撮影セットをじっくり見物し、山本亭にて一休み(写真)。暑くて暑くて、矢切の渡しは遠目に見ておわり(笑)

Img_6899

駅周辺をぶらぶらして午後2時半ごろ、実際の参道にある“とらや”にて草団子をほおばる。おいちゃんとおばちゃんがトイレに行って洗ってない手で丸める団子とかなんとか、寅さんが言ってたのを思い出す、でもおいしい。

とらやは映画と違い、食券を買って食べる定食屋であった。

また第一話から見たくなっちゃったじゃないか~。

でも今はね、別のシリーズ見てるからお預けだわ。

(この日の帰りに、押上駅で下車したのであった…前回のブログ参照)

その後につづく私的浅草冒険物語(笑)はまたの機会にブログにて。

スカイツリー

Photo

先日、押上駅で下車して浅草まであるいた。

そう、ここは今スカイツリーの足元が丸見えの町ということも忘れて。

商業施設が入ってしまえばもう二度と足元は見られないから、連日スカイツリーウォッチャーで賑わっているのだろう。

わたしが歩いた日もやはりそれらしい人がわんさかいた。

路地別に、それぞれいいスポットを見つけて写真を撮っている方々がいる。

実はわたし、みんなが注目しているものからというか、流行みたいなところからは逃げ出したくなる性質で。

そりゃ、たまたまスカイツリーのこの現場を通りかかったのだから、写真くらいはわたしも撮りましたさ。

けど、あくまで町並みを見るために下車したのであって、決してスカイツリー目当てぢゃない!

なのにねぇ、わたしが一眼レフ持って歩いてるもんだから、スカイツリーウォッチャーの筋金入りっぽいムサイ男のかたなどが、ライバル視するんですね。

ちがうったら、スカイツリーはわたしには脇役じゃ。その視線、もう勘弁してちょーだい。

それよりね、地元の人たちは活気付くと湧き立っているけども、街の人たちが望んでいるならともかく、大手の会社に住まいや土地をを買収されないことを祈ります。

今はまだなーんもない街だった。

今に見慣れた屋号ばかりになるんかいのう…

映画 告白

昨日、松たか子主演の映画「告白」を観た。

復習をすることは是か非か、みたいな討論会も

映画封切り前に都内の高校であったようだけど

子供が被害に合う事件報道があると

やっぱりその親の心境になって

加害者はゆるせない。

私に裁く権利はないんだけど。

昔、自分が学生だったころ

幼女連続殺人事件があった

長い捜査の末、犯人は捕まった

わたしのガッコウのせんせいは

犯人の、犯罪を犯すまでの動機、生い立ちを考えると

攻めることは出来ないと言った

せんせいが何故そう言ったのか

当時、必死に考えて

せんせいの意見側に立ってみようと

自分で自分を試してみたけれど

やっぱりそれは無理だった

自分がつらいから

弱い者を傷付けて犯罪を犯すって

それはおかしな構図だと思う

映画を観て

そのころを思い出しちゃったな

展示いろいろ

1

ジメジメ蒸し暑い毎日

外に出るときは腕に日焼け止めぬって

アームカバーもしっかり装着するけど

それでもうっすら焼けてしまった

最近行った展示

モーリス・ユトリロ展(損保ジャパン東郷青児美術館)

全作日本初公開!

モチーフは街角、建物…白の時代やっぱりいい。

でも、生涯ほとんど自分のために絵を描くことがなかったとか。

アルコール依存症の治療のために描き始めた絵。

それなのに

母と義父の贅沢のために

結婚後は妻の贅沢のために

幽閉され描きつづけた。

同時に数点飾られている

グランマ・モーゼスにちょっとほっとする。

それから友人おすすめの

猪熊弦一郎展(東京オペラシティーアートギャラリー)

久しぶりに初台に降り立ちました。

シマシマの猫ちゃんの絵すきだな~

ぬりえも一枚頂いた。

お馴染みの“三越の包装紙&紙袋のデザイン”もされていたことを知り驚く。

ちなみにそのデザインの中のローマ字筆記体は、やなせたかしさんによるものだそうです、ひぇ~。

それから原宿で葛飾北斎展、府中でお稲荷さんの世界展、駒場で芥川龍之介展などなど。

そうそう、芥川龍之介の描いた簡単な自画像、手紙に添えた絵、あれはもう立派なイラストだったよ。

体の管理

Photo

30日は、池袋のマルプギャラリーで6月中個展をやっていた

山下アキさんの展示を見に行く、この日最終日。

手ぬぐいに山下さんの絵が描いてあったら素敵だな~と思う。

今度、東京駅を描いてほしいわ、リクエストしてみようかしら。

ここ一ヶ月、顔の皮膚だけポロポロ剥けてしまう皮膚炎になった。

ちょうど日焼けシーズンなのに日焼け止めが塗れない。

そればかりか化粧すらできない。

こんなのはじめてだわ。

医者に行って飲み薬と軟膏をもらう。

この皮膚炎は原因不明なのだそうだ。

ストレスとかも関係あるみたいだけど。

だからずっとノーメイク

先日のコムの日もノーメイク…だった。

が、なんとなく回復したかな~と

おとといあたりから恐る恐るメイク開始

大丈夫みたい!

皮膚科に行った帰りに

自発的に体の内部から改善しようと

薬局で青汁を買い

その日から合わせて生姜紅茶で新陳代謝をあげ

発汗をうながし続けたのだ。

ちょーしよくなってきたよ、よかったよかった。

同時にダイエットできればなぁ

体重おちろーーーー↓

それと

サッカー、いいチームだったねぇ。

年齢制限がある世界

なおかつ四年に一度で

チームプレーで。

狭い光に向かって全員足並みそろえて

すごい世界だなってしみじみ思う。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »