« 展示いろいろ | トップページ | スカイツリー »

映画 告白

昨日、松たか子主演の映画「告白」を観た。

復習をすることは是か非か、みたいな討論会も

映画封切り前に都内の高校であったようだけど

子供が被害に合う事件報道があると

やっぱりその親の心境になって

加害者はゆるせない。

私に裁く権利はないんだけど。

昔、自分が学生だったころ

幼女連続殺人事件があった

長い捜査の末、犯人は捕まった

わたしのガッコウのせんせいは

犯人の、犯罪を犯すまでの動機、生い立ちを考えると

攻めることは出来ないと言った

せんせいが何故そう言ったのか

当時、必死に考えて

せんせいの意見側に立ってみようと

自分で自分を試してみたけれど

やっぱりそれは無理だった

自分がつらいから

弱い者を傷付けて犯罪を犯すって

それはおかしな構図だと思う

映画を観て

そのころを思い出しちゃったな

« 展示いろいろ | トップページ | スカイツリー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 告白:

« 展示いろいろ | トップページ | スカイツリー »