« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

線のおもしろさ

昨日は表参道のHBギャラリーへ。友人ミヤタチカさんの個展のオープニングパーティーだったのだ。

シンプルな線であんなにも表情が出せるってすごい。

外人さんが終着駅で一度降りたのに再び電車に乗り込んで、眠りこけている人たちを

「Hey!End」と起こしてまわっているエピソードもほほえましい。

個展タイトルからしてすてき。

1月28日~2月2日まで。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りくださいませ。

先々週あたりにスケートをしに東伏見まで。

小学校のころ、ローラースケートを少しかじったことがある。

そのためか高校生で初スケートのときはすぐに要領を得てスイスイすべり、24歳?のころガラガラのスケート場でリンクを独り占めみたいに何周もしていたら、後から来たスケートが趣味らしきおじさんたちに

「そこまで滑れるようになったのなら、今度は後ろむきに滑るのとかさ…」とアドバイス受けながら滑ったもので。

で、今回もナメテいたわけで。

そしたらもう壁づたいに歩くところからやりなおしで、すっかり忘れてる。

どうにかこうにか壁なしでも進めるようになったのはいいが、思い出したように突然バランスが崩れて、シェーみたいなポーズをする羽目に。

しりもち1回と、なんどもシェーを織り交ぜながら、ノロノロ運転の自転車くらいの速さで1~2周するくらいまで取り戻した。

2日後の筋肉痛に年を感じた。

ローマン・ルーム法

Photo

記憶術にローマン・ルーム法というのがあるらしい。

頭の中で空想上の自分の部屋をつくり、そこへ記憶を整理しておくというもの。

これを眠る前にいろいろ考えて、その部屋(家)がどこにあるのかという場所の設定からはじめたら、おもしろくておもしろくて。

実際記憶術として使えるかは、まだまだ先のこととして、とにかくなるべく細部まで具体的に設定するのがいいようで。

もうわたしなんて、建てちゃいけないところに家建てちゃいましたよ(笑)

それで家の中で家具を置きだしたら部屋の幅が狭いのでグーッと幅をひろげたりして。増築も楽しい。

現実にはそこに家などないんだけど、その場所を思い浮かべるともう家が当たり前に建っているんです。

こんな簡単に記憶の刷り込みが行えるなんて…怖いですよ。

新宿で映画

先週、なつかしいお友達と新宿でナイトショー「たま」の映画を観た。

遠くに住んでいるのでこんなときくらいしか会えないし。

やっぱり新宿で待ち合わせだと駅の中のベルクがいい。

いつものを注文。すると大忙しの(←大竹しのぶじゃないよ)Aさんがビールを注いで店の中から手を振ってくれる、わーい。

ぜんぜん狙って行ったわけじゃないんだけど、この日は偶然に監督のトークショーあり。

なんというかね、たまは4人でたまなんだ。

けど、むかしはむかし、いまはいま。

わたしは柳原さんの歌をこれからも聴いてゆきます。

たまについてよく知らない人、なんのこっちゃブログですみませぬ。

歩く

Photo

お正月も終わり頃、家の近くの(だと思っていた)谷保天満宮へ歩いてゆく。

甲州街道沿いをひたすら歩く。

白バイが路地に隠れて違反者を見張ってるのを尻目に歩道橋を上ると、風が強くて晴れているので富士山がくっきり見える。しばし見物。

午前中で気温も低く、耳が痛いのは何年振りか。

車だとすぐだが歩いてみてこんなに遠かったっけ?と1時間近くかかりやっと到着~。

ニワトリがコケコケ放し飼いで参道を自由に行き来して、手水舎のふちに飛び乗って足を濡らしながら水飲んでいるし、

妙なおばさんがニワトリに水をあげるのに、使用済みの鳥用の器をザブザブそこで洗い流してるし、ああ、もうここでは清められないとあきらめ、階段を下って拝殿へ。

通常なら入り口から高い場所に上がって行くものなのに、武蔵野台地の崖線に建つ谷保天満宮は不思議なつくりだ。甘酒を飲んでひといきついて帰路につく。

年末に見たDVD

「ションベンライダー」(1983/邦)

引きの映像が多いのが気になる。主人公の気持ちに入れず。

「少年メリケンサック」(2009/邦)

「空気人形」(2009/邦)

「GSワンダーランド」(2008/邦)

メンバーが住んでる設定のアパート、以前散歩で通って写真撮った場所だった。

「女経」(1960/邦)

山本富士子のイメージが…日本橋の清葉があこがれ。

「事件」(1978/邦)

個人的に佐分利信がいい。

「無法松の一生」(1958/邦)

三船版を見た。泣けてくるよー。

2011年

Photo

あけましておめでとうございます

本年も宜しくお願い申し上げます

元旦に氏神様へ行っておみくじを引いたら末吉なり。

初夢は見ていた筈なのに起きたら忘れました、むむ。

目覚まし時計は見ていた夢を一瞬にして一掃するんですね。

それでも印象深い夢の場合、目覚まし時計なんかに負けやしませんが!

さぁ、絵を描こう。

新しい年が、皆様にとって佳き年でありますようお祈り申し上げます。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »