« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

岡本太郎展と昭和館とチャリティイラストレーション展

岡本太郎展、やっと行ってきました。

「傷ましき腕」という作品から一番ショックを貰った(受けた)。

いい絵をみたら、やっぱり少しでも自分にプラスに働くよう吸収したいと思う。

渋谷駅にある長ーい作品「明日への神話」も、通るときはいつも眺めます。

あ、太郎展にてオブジェガチャガチャ?二回やりました。

開けたら「飛行船」と「赤い手」が出てきました。

九段下駅そばの昭和館の常設店に入ると、お客は私ひとりだけ。

そこには戦前~戦後に実際に使われていた生活用品が展示されていて、静まりかえる中さっそく見始めたときだった。

「バシッ!」

私の斜め後ろにある展示品が収めてあるアクリルケースが鳴った。

ラップ音??

ひとりで独占しているフロア、ゾゾッとする。

湿度は一定に保たれているだろうし、普通アクリルケースが「バシッ」なんて言わないし(汗)

何だったんだろう… 

ちなみに霊感らしきものはある。

同建物三階で「ポスターに見る戦中・戦後」なるものが期間限定でやっていた。

その中にあったペコポコが!

Photo ホオ骨たか子ちゃんとアゴオくんといった風貌に描かれていた。

自分の着眼点おかしいぞと

けどやっぱりペコポコの顔おかしいぞと

それは置いておいて

その後は渋谷で開かれている

東日本大震災 チャリティ・イラストレーション展を見に行った。

先週21日はコムの日。

コムの前に急いでミヤタチカさんの二人展も見に行ったのでした。

もう楽しんでやってるのがとってもわかる展示で。

続いてTIS受賞者展へ。

コムからは川口育さんが入選しています!

署名しました

http://iwakamiyasumi.com/archives/8030 京大原子炉実験所の小出裕章助教 テレビでは報道されない内容…①

http://www.ustream.tv/recorded/13897618#utm_campaigne=synclickback&source=http://iwakamiyasumi.com/&medium=13897618

 京大原子炉実験所の小出裕章助教 水力火力でまかなえる…②

http://www.geocities.jp/genpatusinsai/ (「原発震災」を防ぐ全国署名)

http://www.stop-hamaoka.com/ (ストップ!浜岡原発)

http://iwakamiyasumi.com/ ジャーナリスト岩上安身HP 

東北復興を願うなら、国の要である東京が死んではならない。

遠くから

先月いっぱいで、旦那さんの仕事の都合で鹿児島へ引っ越した友人がいる。

随分遠くだし、今後また会えるのかなーなんて、こんなときだから妙にしんみりしてしまう。

その友人から、昨日財宝温泉水10ℓが届く。

東京にいるわたしは避難民じゃないけど、こちらを心配してくれているという「想い」がありがたくて泣けてくる。

足りないところに!というお怒りの声も上がりそうですが、誰かを想い想われるって、本当に心の栄養なんだと実感して。

下世話な話、水の送料けっこうかかっているはずなのに、見返り気にせず平気で送って「あんた身内か~」って泣いて突っ込みいれたくなったわ。

けっして友人は裕福ではないのですよ、念のため。

おととい表参道を歩いていると、ロッチ中岡がひとりで一般人の女の子に話しかけていた。

たぶん番組の罰ゲームなのかな?

Photo

3分記憶スケッチで似てないけどこんな髪型だった。

いつものロン毛をとんがらかして。

カメラは遠くにあるらしい。

世の中、流れる時間というものが、“人それぞれ”だと感じた瞬間なのだった。

こっそり更新

やっとブログの更新します。

地震の日、古谷充子さんのHBギャラリーでの個展初日に駆けつけようと、出かける支度をしておりました。

ちょうどオープニングパーティの日だったのです。

電車は止まり、つぎの週に個展を無事に拝見してきました。

ギャラリーの中に一歩入るともう別世界、いつもの変わらぬ穏やかな時間が流れていてすごく不思議なのでした。

古谷さんの絵が、そういう空気を生み出していたのかもしれません。

地震の次の日から流され続ける津波の惨事と、被害に遭われた方の緊迫した生の声を聞くたびに、我が事のように泣いて泣いて。

なのにテレビを消せば一瞬にして他人事になる場所に住んでいることが申し訳なかった。

もう何度となく皆が合言葉のようにいう 「自分にできること」 をやろう、精一杯生きよう、

そんな心持で迎えた4月。

今月4日には諸戸佑美さんの個展がGALLERY HOUSE MAYAにて開かれています。

初日のオープニングパーティーにも行ってきました。

絵が時代物なので、お着物姿の諸戸さん素敵でした。

すぐにでもお仕事の依頼が来そうな完成度の高さ、鬼平犯科帳に魅せられた諸戸さんが、情熱たっぷりに描き上げているのがわかります!

展示は明日4月9日まで。

Photo

ほくろ大臣のわたし

先月、突如、唇の右下に新しいヤツが仲間入りした

まぁ、色っぺー場所なので赦しましょ

ほくろさんへ

もう定員オーバーなので来ないでね

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »