« 旬な岡山  たたり編その1 ~無計画な珍道中~ | トップページ | 深川 »

旬な岡山  たたり編 その2 ~終わりよければすべてよし~

目の前に多治見家が現れた瞬間、どうやっても思い出せなかった八つ墓村の、芥川也寸志の音楽が脳内に響いた。

とうとう来たんだ…

一眼レフを山本さんに渡し、念願の山本陽子の立ち位置で写真を撮ってもらう。

もちろん小型のデジカメで動画も撮る。

写真と動画、2台で記録をする。

(声が届くなら、このときの自分に言いたい。“カメラのモードを確認しろ”と)

頭上に広がる石垣の屋敷を前に、舞い上がっていたのだ。

画像確認もおろそかに、広兼邸へ足を踏み入れる。

限られた時間の中で、それなりに満喫できた。

横溝正史ファン向けの冊子が売られていたのでそれも買った。

時刻は14時40分。

ああ、またあの道を歩いて引き返すのか…

山本さんとふたり、数組の広兼邸観光客に、車に同乗させてはいただけないか聞いてみたが、反対方向へ帰る方たちばかりであった。

仕方なく覚悟を決めて歩き出すと、うしろから農家のおじさんが、白い軽トラックを走らせてくるではないか。

ヒッチハイクを試みる。

停まってくれたおじさんの家はすぐそこ。けれどおじさん、バス停まで送ってやるよと言ってくださった。

やったー、ありがとうおじさん!と軽トラックの荷台にふたりであがる。

軽トラックは走り出すと、クネクネした道を猛スピードで走り抜ける。

怖いよー、おじさん、振り落とされる~すごい加速。

わははは笑って必死でつかまりながら片手で動画を撮る。

あー、もう早い早い。

あの歩いた道のりはなんだったんだー

ふたりで笑いがこみ上げる。

あっけなく、15分程度で着いてしまった。

終始ニコニコのおじさんに感謝。

記念に写真を撮って、手を振ってお別れをした。

時間にも余裕がでて、バスの時間までお土産を買い、ベンガラ郷土館など見学できた。

思いがけず、山あり谷ありなことが、あとで振り返ると色濃い思い出になるもんだよな、なんて

これまでの道のりが楽しいことにさえ思えてきた。

さて、17時過ぎ、無事に倉敷に戻り、前日に目をつけていた喫茶店へ入る。

何やら店の奥様は仲間とともにシャンソンの練習中。

ブレンドコーヒーをいただきながら、今日を振り返って写真を見直す。

え?!……………………

へ?!……………………

白い………………………

広兼邸、露出オーバーなり  チーン

写真は白くとんでいた。

 

脱力…

そう、原因は途中に寄り道した鉱山。

暗い洞窟の中で明るく撮るために、数値を変えていたのだ。

が、外へ出て、この先30分かかるという言葉にうろたえ、数値を戻すのをすっかり忘れていた。

だが、辛うじて小型のデジカメで動画は撮ってある。

ななめ上から、自分と多治見家を写しこんだりもした。

もうそれでいいではないか―

なんてったって八つ墓村だもの。平和には終わらないのよ(笑)

晩御飯にやきとりをいただき、岡山最後の夜を惜しみながら就寝。

次の日は午前中倉敷民芸館→岡山市へ移動→昼食→岡山城(チラ見)→後楽園(覗き見)

という忙しいコースだった。

次に来るなら獄門島コース、3泊4日はほしいねと話しながら、夕方の便で東京へ。

ここで後日談

露出オーバーで真っ白だった多治見家バックの写真がこれ。

Photo_8

もうどうにもならない。

…と思いきや、

Photo_9

  

復元できた

良かったー

データの保存方法によってはこんなことが可能なのだ。

ちゃんと山本陽子の位置に立ち、バックには多治見家が写ってる。

ただ、よーく見ると、自分の顔が死人のように青い。

もうちょっと加工しないと質の良い復元にはならない。

これでは自分の顔が八つ墓村だもの(笑)

« 旬な岡山  たたり編その1 ~無計画な珍道中~ | トップページ | 深川 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旬な岡山  たたり編 その2 ~終わりよければすべてよし~:

« 旬な岡山  たたり編その1 ~無計画な珍道中~ | トップページ | 深川 »