« のどかな土曜日の歌 | トップページ | すっかり春 »

オープニングとクロージング

渋谷でもとき理川さんと待ち合わせて展示など見て、表参道のアンカフェにてお茶をする。

この日は東急東横線渋谷駅が地上2階発着最後の日であった。

18時からは山崎杉夫さんの個展オープニングパーティー。

本屋で見ればすぐに杉夫さんの絵だとわかる力強い絵。今回は船の絵がたくさん!

2次会には灘本唯人氏もご一緒。

杉夫さんともときさんと、なかなか緊張する計画がもちあがり胃がよじれそうな予感。

どんどん絵を描かねばね。

それにしてもなんでコント赤信号の話でわたしがハマーなんだっけ(笑)

もときさん、「ズボン貸すよ」って、踊れませんよ!

みなさんと別れたあと、パオサンキュー2に行く。

以前マイケルに扮した友人のやっていたパオの「続」であったのだけれど、3月中に閉店してしまう。

友人のママとは、途中うつらうつらしながらも朝までお話してきた。

ここはわたしには奇跡のお店であった。

できればなくならないでほしかった。

閉店前にパーティーがあるようなので最後にもう一度、早い時間に顔だしてみよう。

« のどかな土曜日の歌 | トップページ | すっかり春 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オープニングとクロージング:

« のどかな土曜日の歌 | トップページ | すっかり春 »