« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

手紙

すごく迷っていたのだけど手紙を書くことにした

すごく大好きなひとだもの

このままにしちゃいけないんだ

弥生美術館へ

某日、弥生美術館にて「魔性の女 挿絵展」を見てきました。

橘小夢の「地獄太夫」は大迫力。

このところ“何かありそうな女性”を描くのが楽しいのでドストライクな展示でした。

中でも月岡夕美という謎の画家の絵にシンパシーを感じたのですが、この画家は女性か男性かも不明で、現存する絵も数点しか見つかっていないらしいです。

ネットで画像検索しても一枚くらいしか出てこない。

私の絵を見た周囲の方々に「エロを取り入れて!」とアドバイスやらリクエストを以前よりいただいて描いてみたことで、ますますこちら方面に魅力を感じる今日この頃です。

カルメン・マキ&蘭妖子

Photo

5月の終わり頃、カルメン・マキ&蘭妖子ライブへ行きました。

場所は南青山マンダラ。

ここは昔なんども通ったことがあるのでなつかしい。

以前ブログに書いた、ライブの前売り整理番号が81番だったというのは、実はこのライブのチケットのことでした。

これも寺山修司没後30年のイベントで、やはりお客は80番まで関係者で、わたしは81番で一般の1番みたい。

かつての舞台を見ることは叶わなかった蘭妖子さんの歌は、映画作品を思い浮かべながら噛みしめ、

カルメン・マキさんのその深い歌声をじっくりと浸透させながら味わったあっという間のライブ。

歌手デビュー後に歌ったきり、以来一度も歌わなかったある歌を披露してくださり、手書きの歌詞カードをコピーして観客全員に配ってくださった。

天井桟敷のポスターを担当していらしたイラストレーターの宇野亜喜良氏もいらしてた。

お二人のライブ、8月にも阿佐ヶ谷であるようです。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »