« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

胸の中のすもも

Photo_2 

本棚から三四郎を取り出して読んだ。

上の絵のようなシーンはないのだけれど、小説冒頭の列車内の場面が頭に残っていて、それならばと勝手に後日談として、数年後の三四郎と美禰子の再会を描いてみた。

籠から転げ落ちるのは林檎ではなくてすもも。

29日新宿ピットインでの水谷浩章さんのライブへ出かけました。

ゲストは柳原陽一郎さんと高瀬makoring麻里子さん。

歌謡ショーというかたちで紅白みたいに交互に歌う。

対決モードになるのかなと思ったら、

柳原さんがとても大人だし、

聴きたい歌が聴けてもうなんだか胸がいっぱいになりました。

製本所見学

Photo

毎日湿気が多くて暑いので、開放的な絵をどうぞ。

先日は製本所見学へ行かせていただき、すごく面白かったです。

50年も製本作業をしてらっしゃる方が、昔ながらの方法でニカワを塗り、

ハードカバーの本を仕上げる一部始終を見てすばらしさにため息がでました。

機械での量産風景も同時に見てきました。

そのときの手作り束見本を一冊いただいてきたのですが、素敵な青いカバーで書くのが勿体無くてついつい眺めてしまいます。

今月は続・続8039のオープン初日に行ってきました。

マルプのワークショップ

マルプデザイン主催のワークショップに参加しました。

この作品は、秋に展示があります。

好きな形容詞から創造をふくらませてそれぞれに一冊の本を、装丁からなにからまるまる企画するものです。

グループごとに考えた形容詞がちがうのですが、わたしのグループは「甘い」になりました。

さて、そこからどう広がってゆくのでしょう…

現段階で、同じ甘いで捉え方がまるでちがいましたから(笑)

ということで、他にも9月~11月までの間に、計4回の展示があります。

今から忙しや。

それと、

7月末くらいになるでしょうか。

ちょっと嬉しいご報告をさせていただくと思います。

ではでは。

風鈴のおと

Img_2885

近所をあるいていたら、風鈴のおとが聞こえてきた。

いいなぁ、風鈴ほしいな。

夏、風鈴を売っているお店があると、どれがいいか選んでは買わずにおわる。

マンションだと隣の窓が近すぎて、耳障りなかたもいるだろう、そう思ってあきらめる。

一軒家の軒先が似合うかな、やっぱり。

開け放たれた古い和室、イグサの香りと蚊取り線香、風鈴が程よいかぜにゆれる。

うとうと夢の中にいざなわれたい。

----------------------------------------------------------------------

上の写真は 2012年 浦和。

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »