« 江戸川乱歩奇想短編集 装丁展 | トップページ | 善と悪 »

江戸川乱歩奇想短編集装丁展 終了しました

Photo_2


夏の盛りの展示、お越しくださったみなさま、ありがとうございました。

表紙が二重になっており、上のトレーシングペーパーに周囲の網目模様、真ん中から下の絵が透けて見えるという細工がほどこされております。裏側もまた別の絵が透けて見えます。

Photo_3

とても盛況で、今年は本の売れ行きも好調だったそうです。

人が多すぎて、クーラーがまったく効かず、汗だくで本を手に取って見て下さるといった場面も多々あり。

これら限定本、ひきつづき下記のサイトにて販売いたします。

Timeless Books←詳しくはこちらです。

今回、わたしの絵で乱歩本をデザインしてくださった、ブックデザイナーの折原カズヒロさんは、この展示の主催者であり、毎年この時期にいろいろ企画されております。

大好きな江戸川乱歩の装丁で声をかけていただけたこと、本当にありがたかったです。

*********************************

5日オープニングの日、私は18時までの在廊になり、翌日は伯父の告別式だったのですが幸い7、8、10日と在廊でき、目まぐるしい一週間はあっという間でした。

最終日を迎えたと同時に、出先でヒドイ咳をしていた人からどうも風邪をもらってしまったようで、喉の痛みと咳と熱でダウン。

冬でもあまり風邪を引きにくいこの頃でしたのに。

熱はさがったものの、食べ物の味がまったくわからない…(汗)

« 江戸川乱歩奇想短編集 装丁展 | トップページ | 善と悪 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江戸川乱歩奇想短編集装丁展 終了しました:

« 江戸川乱歩奇想短編集 装丁展 | トップページ | 善と悪 »